行き先は「飛ノ台(とびのだい)史跡公園博物館」です。

 

東武野田線新船橋駅に集合し、駅から10分ほどウォーキングです。

飛ノ台(とびのだい)史跡公園博物館は、約8千年前の縄文人が暮らしていた場所に建てられた博物館です。
当時の人々の生活様式などを紹介したり、船橋市市内で出土した遺物などを展示しています。

 職員さんによる丁寧な説明による館内ツアーで館内をまわり、触れてもいい貝塚のレプリカや、竪穴住居のレプリカには内部にも入る事ができます。
職員さんや同行のヘルパーさんの話によく耳を傾け、興味深そうに館内をまわられる参加者さんの姿が印象的でした!